Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Concerto DIY
-コンチェルト DIY-
インテリアフラワーの手作り応援サイト
インテリアフラワーとは

インテリアフラワーとは?造花、アーティフィシャルフラワー 、シルクフラワーの違いは?

インテリアフラワーとは何でしょうか?

A:インテリアフラワーは、室内装飾用のお花という意味です。

当店では、その中でも人工的なお花(造花・アーティフィシャルフラワーなど)で作られたものを、「インテリアフラワー」と呼んでいます。

「花」ではなく「木や葉っぱ」がメインとなっている観葉植物などの場合は「インテリアグリーン」と呼ばれることが多いです。

「人工的に作られたお花」は、他にも様々な名前で呼ばれています。

造花、アーティフィシャルフラワー、シルクフラワー、アートフラワー、フェイクフラワー、インテリアフラワーなど。日本語だと「造花」という一言で通じるのに、カタカナになると様々な呼び方に変化するので混乱してしまいますよね。

呼び方の違いって何なのでしょうか?

 

少々乱暴ですが、

何でもOK、大きな違いはない!

というのが結論です。そうは言っても、どんなふうに使い分ければいいの?という方に向けて、このページではニュアンスの違いや使い分け、呼び方の由来などを解説していきたいと思います。

アーティフィシャルフラワーとは

生花ではないお花、人工的に作られたお花のことを言います。

“artificial”=”人工的な”というのが直訳です。
“nature”と反対の意味を持ち、「自然、天然のものではない」ということですね。

いわゆる「造花」のことで、花びらは主にポリエステルなどの布素材で作られているものが一般的です。

このほかにも樹脂がコーティングされたリアルタッチのもの、ベルベットタッチのもの、レースやリボン、ウレタン、石鹸、クレイを使ったお花なども人工的に作られたお花と言えるでしょう。布素材以外のお花についても意味的には「アーティフィシャルフラワー 」であると言えますが、リボンフラワー、ソープフラワー、など、素材名を頭につけて区別されている事が多いですね。

また、布素材で作られたお花は、「アーティフィシャルフラワー」の他にも、シルクフラワー、アートフラワー、布花、フェイクフラワー、インテリアフラワー、イミテーションフラワーなど、色々な呼び方をされています。

直訳した意味として考えると少しずつニュアンスは違いますが、その微妙な違いごとに「造花」の種類を区別できる訳ではありません。お花のクオリティによって呼び名が違う、などと言われるケースもありますが、高級感、品質、価格・・などの感覚は個人の主観に基づくもの。明確な線引きが難しいのです。

また、造花やシルクフラワーは総称として使われており、その中の一部(高級感のあるもの)をアーティフィシャルフラワー と呼ぶ、など諸説ありますが、「人工的に作られたお花、造花」についてのカタカナ名は、まだまだ区別・統一化されていないのが現状です。造花のことを、いろんな人が意味付けや解釈を付けて好きなように呼んでいる、その解釈は「バラバラ」ということ。

これが造花で、これがアーティフィシャルフラワー 、こっちがシルクフラワーで・・・と一発で見分けられるような明確な基準はありません。

呼び方は、主に発信者の目的やイメージに合わせて使い分けられています。

 

どんな風に使い分けているの?

ここで、目的やイメージの違いなどを学んでおきましょう。

  • 造花
    人工的に作られたお花
    として、昔から誰もが知っている総称です。
    子供から、大人まで、また年配の方でも、「造花」と言えばどういうものなのか伝わりますよね。
    そのため、わかりやすく説明したい時や検索用のキーワードとして使用するのにも向いているでしょう。
    ショップなどでは、クオリティの高さを謳った「高級造花」という言い方もよく使われます。
    上質、ハイクオリティ、生花のような・・などの言葉と組み合わせると「造花=安っぽい」「100均」というイメージも和らぐのではないでしょうか。
     
  • シルクフラワー、アーティフィシャルフラワー
    近年のお稽古サロンやフラワースクール、ショップ、花専門のメーカーさんや問屋さんなど、お花の業界ではこの呼び方がよく使われています。
     
    東京堂(花資材の卸売問屋・メーカーさん)やアーティフィシャルフラワー 協会、フラワーデザイナー達が中心となって、「アーティフィシャルフラワー 」という呼び方の統一化やクオリティの高いお花としての認知を広めようと尽力されてきたことから、一般の方々にも随分広まってきています。
     
    お花の呼び方はデザイナーやスクール、協会などによって異なります。イメージや好みで使い分けられることも多く、「アーティフィシャルフラワー」との差別化を図るために、あえて「シルクフラワー」や「フェイクフラワー」などの他の呼び方を使っているケースもあります。
     
    また、造花というと昔ながらの安っぽいお花、作り物、などのようなネガティブなイメージを持つ人も多いため、そういったものと認識を分けるためにカタカナ名がよく使われます。
     
    造花教室、造花アレンジ、というよりも、シルクフラワーサロン、アーティフィシャルフラワー 教室、協会・・などと言った方が響きも綺麗ですね。
      
    造花は「安っぽい」、アーティフィシャルフラワー は「生花のようにリアルで繊細に作られたお花」などと区別されることもありますが、同じお花を見ても、クオリティが高く見えるか安っぽく見えるかは人それぞれ。判断基準も違います。
     
    高級感のある造花もあれば、安い&安っぽく見えてもアーティフィシャルフラワー、シルクフラワーと呼ばれているケースも多々あります。
     
    また、シルクフラワーの「シルク」の由来は、「シルクのような光沢」、「中国で発祥した絹で作ったお花からきている」などと言われています。
     
    現在製品化されている造花はポリエステル、ポリウレタン、樹脂でできたもの、コーティングされたものなど、様々な素材が使われていますが、「シルク製」「布製」などの原料の素材にかかわらず、シルクフラワーと呼ばれています。
    いわゆる造花の総称として、欧米でもよく使われる言葉です。 
     
  • フェイクフラワー
    こちらも「アーティフィシャルフラワー 」や「シルクフラワー」ほどではありませんが、時々使われている呼び方です。
    「フェイク」というと、「偽物」、「作りもの」といった和訳の印象、イメージの観点から避けられることもあるようです。
    使っているお花自体は変わりません。
     
  • イミテーションフラワー
    イミテーション=模倣したという意味です。この表現は、ジュエリーなどにも使われていますね。フェイクフラワーに少し近い印象でしょうか・・
     
  • インテリアフラワー
    その名の通り、インテリアとして飾られるお花。お花の用途とよく合っていて私自身も好きな呼び方です。
    フラワースクールやクラフトの業界ではそれほど使われることはありませんが、小売り店やインテリア 業界などでは、アレンジメントの完成品やディスプレイ用のお花に対してよく使われるようです。
     
    職業を表すときに、「インテリアフラワーデザイナー」という響きは「造花デザイナー」や「アーティフィシャルフラワー デザイナー」などの呼び方に比べて簡潔で素敵な感じがします。
     
  • アートフラワー・布花
    「アートフラワー」という造語は飯田深雪さん(新潟県生まれの料理研究家、アートフラワーの創始者)によって生み出されました。
    生地を染色したりカット・コテ入れしたりしてお花そのものを制作する花工芸から生まれた呼び名であるということもあり、比較的昔から手工芸を楽しむ方に多く使われています。
    現在は「花そのものを制作する工芸」だけでなく、手芸店などで花材やアレンジメントの完成品に対しても使われています。
     
  • フラワークラフト、フラワーDIY
    造花を使った作品は、「アレンジメント」の要素だけでなく、「クラフト」「DIY」としても楽しめるので、このような呼び方も、クリエイティブな印象でワクワク感があります。

まとめ

イメージを大切にしたいか、多くの人にわかりやすく説明したいか、お花そのものを作るクラフトなのか、アレンジメントを指しているのか、また、エレガントなイメージに、親しみやすいイメージに・・響きを重視、など、その呼び方は使う人によってケースバイケースなのです。
 
ですから、あまり細かいことにとらわれないで、ご自分の好きな呼び方や、お仕事の方向性に合わせて使い分けると良いでしょう。

こうして現在でも混乱するほど呼び方はあるのですが・・
いっそ、オリジナルの新たな造語、ネーミングを考えてブランディングしていくのも楽しいかもしれませんね。

協会やスクール活動となると呼び方の一貫性を持たせることも必要かもしれませんが、デザインも色々、作り方も色々・・型にはまらずに楽しめるのが、このお花の良いところです。

「フラワーアレンジメントとは・・」といったルールに縛られ過ぎずに、クリエイティブなアイデアを形にしていただけたらと思います。

LINEで新着情報などをお届けします!
お問い合わせやメッセージもお気軽にどうぞ (*´꒳`*)

友だち追加

Concertoのオンラインスクールができました!無料レッスンいっぱい!!↓


こちらの記事もよく読まれています。