Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

造花・アーティフィシャルフラワー を使ったウェルカムボードの作り方動画

貼るだけで簡単に作れるロマンティックなバラ園風ウェルカムボードの作り方を動画でご紹介しています。

材料には造花・アーティフィシャルフラワー(シルクフラワー)を使用しているため、ウェディングだけでなく、おうちやサロンに飾るウェルカムフラワーとしても長く楽しむことができますよ。

美しくアレンジするポイント、配置のコツも解説

フラワーアレンジメントを美しく見せるにはちょっとしたコツがあります。

お花が綺麗に見える向きや配置方法、バランスなど、デザインのポイントについては動画の後に図解入りでくわしく説明しています。ぜひ最後の解説までご覧になって、ワンランクアップした素敵な作品を作ってくださいね^^

↓それでは早速、動画をご覧ください!

ウェルカムボードの作り方

 

用意するお道具

  • グルーガン&芯
  • 茎をカットするペンチ、クラフトハサミ
  • 好きなお花
    サンプルで使っているお花の種類とは動画内でご覧いただけます。
このページでは、造花、アーティフィシャルフラワー 、シルクフラワーのフラ
素敵なインテリアを目指して、お部屋に花を飾りたい! 自分スタイルのお花

デザインのポイント

アーティフィシャルフラワー造花アレンジ のウェルカムボード作り方DIY

  • お花の向き、流れを考える
    図のような感じで、お花の向きにウェーブのような流れを作ると、アレンジに活き活きとした動き、リズム感が出ます。
    お花が成長して枝分かれしていくようなイメージです。
    貼り始めの位置から離れていく程、だんだんお花を小さく、低く、外側に向けていきます
  • レリーフの綺麗なフレームを活かす
    今回使った材料のように、枠の装飾が綺麗なフレームの場合は、縁を隠してしまうデザインではなく、模様が見えるようにアレンジするのがおすすめです。
    どんなお花を使いたいか?も大切ですが、器やリボン、土台など、お花以外の素材やトータルバランスも考えるようにしましょう。
     
  • 花のフォーカルポイントを決めて美しいピンクのグラデーションを際立たせる
    右上にピンクのお花を固めて、視線を集めるポイント(主役となる部分)を作っています。
    下のお花は色の強さ、量ともに、少し控えめにすると緩急があって生き生きと見えます。
    https://recipe.flowersalonconcerto.com/focalpoint/
  • 下側の角に大きめのお花がこないようにする
    左下のメイン(白い大きなお花)は角から少し右にずらしています。
    そうすることで、右上のお花に目線が行きやすく、主役がわかりやすくなります。今回のデザインでは主役の目線を集める塊(右上)と、引き立て役のサブ(左下)に役割分担をして、リズム感を出すのが、お花を生き生きと見せるポイントです。
     
  • 少しだけアンバランスにする
    お花の向きも、左右のお花の分量も、均等、対称にすると、単調で動きがないアレンジ、平面的に見えてしまいます。
    ナチュラルなイメージで制作するときは、お花の流れを考えて、分量のバランスを少し不均一にすると自然です。
     
  • 大小のお花を組み合わせる
    ナチュラル感を活かすポイントです。リーフをプラスしたことで、ナチュラル感、ふんわり感がアップしています。
    外側のリーフはフレームからはみ出すように置くと可愛いです。

今回は、バラ園のような、ナチュラルなイメージを大切にするため、リボンは使わずに仕上げました。

ウェルカムボードの使い方・飾り方は?

ウェディングに

ご自分のウェディング用、花嫁DIYに。また、お友達やご家族への結婚祝いに。

新築祝いに

お手入れが簡単で華やかなインテリアアイテムは新築祝いにもピッタリ。

玄関・ショップやサロンのエントランスに

ご自宅、ショップやサロンのエントランス・玄関にウェルカムフラワーとして飾ることもできます。

ディプロマの飾りフレームに

お稽古サロンや教室、ビューティーサロンのライセンス、ディプロマのフレームにも。信頼の証として、綺麗なお花で飾ってさり気なくお客様の目に入るようにしておきたいですね。

ネイルチップやメニューのディスプレイに

ネイルチップのディスプレイに使ったり、お客様へのお知らせ・メニューやご案内を入れたり・・使い方はアイデア次第で無限に広がります。

 

初心者さんのDIYにもピッタリ!

揃える道具も最小限。お花をペタペタと貼っていくだけなので簡単に作ることができます!

材料は好きなお花とフレーム。お道具はグルーガンとニッパー。作り方は貼り付けていくだけ!フラワーアレンジメントが初めての初心者さんにもおすすめの手作りアイテムです。簡単で華やかなアイテムでDIYの楽しさと達成感を満喫!

このページでは、造花、アーティフィシャルフラワー アレンジを作る際に

造花・アーティフィシャルフラワーがウェルカムボードに最適な理由は?

  • 水やり、吸水が不要
    アーティフィシャルフラワー (造花)は、生花と違って水を吸わせる必要がありません。
    土台にスポンジ(オアシス)を仕込む必要もなく、コットンを巻いてワイヤリング・・というような手間も不要です。
     
  • デザインや制作に時間をかけられる
    お花が枯れる心配がないので、時間をかけて納得がいくまでデザインを考えることができますし、時間をかけられることで完成度も高くなります。
     
  • 丈夫で劣化しない
    お花部分は布でできているためとっても丈夫で、多少の潰れ、落下などで傷んでしまうことがありません。
    色移りや経年劣化もほとんどありませんので、いつまでも美しい状態を保つことができます。
     
  • リメイクもOK
    飽きてしまったり、季節が変わったら、部分的にお花を入れ替えたり、着せ替えすることもできます。

メンテナンスの手間いらずで、いつも美しく衛生的なお花です。

 

ウェルカムボードアレンジに向くお花は?

このようにフレームに沿わせて一体化させたいアレンジメントには、「高さの低いお花」がおすすめです。

このくらいの小さめサイズのボード(27cm×32cm)の場合は、お花が飛び出しすぎるとバランスが悪くなってしまいます。フレームとの高さの差が出過ぎて、「取ってつけました」という感じになってしまうんですね。

サイズが大き過ぎるお花も一体感がなく浮いてしまいます。(←大きなウェルカムボードならOK)
小さめサイズのウェルカムボードには、高さの低いお花や小さめのお花、バラや芍薬の中でも、形が平ためもの、ガーベラなどが向いています。

貼り付けるか?スポンジに挿すか?どっちがいい?

造花の場合は給水が必要ないので、貼り付けるのがおすすめ!

お花を挿すためにオアシスなどの土台を仕込むと、高さが出過ぎてそこだけが浮いて見えてしまうことも・・

生花の場合は給水のためにスポンジに挿したり、茎にコットンを巻いてワイヤリングしたり・・とお花が枯れないように下処理をおこなう必要がありますが、造花の場合は気にしなくてOK!

一見手抜きをしているようですが、実はお花を直接貼ったほうが、フレームとの一体感が生まれ、簡単な上に見た目も美しく仕上がります。

このような作り方のポイントを押さえておけば、仕上がりもグレードアップすること間違いなし!
ぜひあなたの好きなお花で、手作りを楽しんでみてくださいね。

このページでは、生花、造花、アーティフィシャルフラワー を使ったインテリ

 

アーティフィシャルフラワー の材料やお道具が買えるお店は?

作り方をマスターしたら、材料選びを楽しみましょう♪

素敵なインテリアを目指して、お部屋に花を飾りたい! 自分スタイルのお花
レクチャーの中で、わかりにくい部分、作り方のリクエストなどがありましたら気軽にお問い合わせください (*´꒳`*)

無料動画レッスン一覧はこちら

作り方の動画レッスン、デザインや制作のポイントなどを無料で公開しています。
 
Concerto DIYトップページはこちら
 

通信講座のご案内はこちら

質問サポート付!人気作品の作り方を100本以上の動画で全公開しています↓

新商品や新講座のご案内、お得なセールなどをいち早くお知らせします!

LINE@にご登録いただいた方には、会員様だけのお得な情報のご案内をお送りします。
友だち追加