Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Concerto DIY
-コンチェルト DIY-
インテリアフラワーの手作り応援サイト
材料とお道具

造花・アーティフィシャルフラワーアレンジ作品や材料の収納&保管方法は?

ハンドメイドやクラフトを楽しむ方にはお馴染みのお悩みかもしれません。

材料や作品の保管方法

みなさんどうしていますか?

かれこれ15年くらいお花やクラフトを楽しんでいるので材料や作品は溜まる一方です。

数年前にお花以外の材料や作品、飾り物などは殆ど処分したのですが、お花だけは「いつか使うかも・・」となかなか捨てきれません。

お花、リボン、器、パーツ、タッセル、ファブリックや道具類、フォーム類やネタ帳、レシピ帳などなど・・材料だけで一部屋埋まっています^^;。

紫陽花一粒でも、花びらや葉っぱ一枚でも・・
お花の仕事をしていると、「いつか使うかも」の「いつか」が度々やってくるのです!

数年寝かせておいて、初めて日の目を見たもの、再ブレイク(自分的に)した材料や資材がたくさんありました!

「捨てなくてよかった」と何度思ったことか・・。

ということで、

お花の材料は綺麗に分類、整理整頓して、大切に保管しています。

教室をしていた頃は物をなくすこともしばしばありましたが、今では花びら1枚でも、パール一粒でも、一輪しかない小さなお花や葉っぱでも、一瞬で見つけられるようになりました。

あふれんばかりの材料たちも、綺麗に分類、収納しておけば、モノを探す時間は皆無です。

ショップの仕事を始めてからは、見た目の美しい収納よりも、探しやすさ、使い勝手などの実用性重視!一から改めて収納を見直したのでした。

ものの定位置を決めてあげればお片付にも迷わなくなりました。

造花・アーティフィシャルフラワー の収納方法

種類がバラバラで、少しずつのお花は、色ごとに分類して、半透明の衣装ケースに入れています。


アイリスオーヤマ【IRIS】ワイドチェスト 3段 W-543★【W543】

ワイドで平たい、↑このようなタイプが私的には使いやすかったです。
半透明のものだと、全方向からお花が見えるので、すぐに欲しいお花を見つけることができます。

段ボールでの保管は、粉が出るし衛生的にもあまり好きじゃないので、お花はすぐに箱から出してしまいます。
それに無駄な隙間も多いからどうしてもかさばってしまうし。
色ごとに引き出しを分けているので、使いたいアイテムもすぐに見つかります。

色合わせする時は、引き出しごと出して、床や作業台に置いておくこともよくあります。

引き出しごとの色分類はこんな感じ↓一段ずつ。

  • ホワイト①ピュアホワイト・グリーン系ホワイト
  • ホワイト②アイボリー系ホワイト・クリーム、ベージュ系
  • グリーン系
  • パープル・ブルー系
  • レッド系
  • ピンク①コーラル系
  • ピンク②モーブ系
  • ピンク③ダーク系
  • ピンク④ライト・ペール系

ピンク系のアレンジが人気なので、必然的に、ピンク、ホワイトのお花が多めになっていますね。

リボンは半透明のスタックボックスに収納


収納ボックス 前開き KABAKO 幅60×奥行42×高さ31cmワイド M

色毎に分類して、奥に太幅、手前に細幅のリボンを入れています。
①ホワイト・ベージュ系のリボン
②ピンク系・パープル系リボン
③ブルー・グリーン系リボン
で収まっています。

フラワーアレンジメントを可愛くエレガントに彩るリボン使い フラワーアレンジメントに可愛さや華やかさをプラスしてくれるリボン。 最近はリボン作りのお教室なんかもたくさんあって、お洋服...

パールピックや小さなパーツは書類ケースに入れて立てて収納


こんな感じの半透明のファイルケースに入れています。画像よりももう少し厚みがある(4センチくらい)のものです。100円ショップで購入。

タッセルやブレード、バックル、お裁縫セットなどもこの中に。

透明で分かりやすいのでラベリングも不要です。

布類、フォーム類はカラーボックス+引き出しの収納に。

ダマスクやモアレのファブリック、シフォン類もたくさん・・畳んで重ねたものを引き出しに入れています。

スチロール球やコーン型のフォーム類もサイズ毎に袋分けして、この引き出しの中に収納。

造花アレンジメントの土台は何を使う?最適なフローラルフォームとはフラワーアレンジメントを作るときの土台って? フラワーアレンジメント用の土台は、生花、造花、アーティフィシャルフラワー 、ドライフラワ...

器類はオープン棚に箱のまま収納。

器はお花と違って形が色々なので、箱から出してしまうと、重ねられないものも多いです。棚に1段しか入れられないと上の隙間が勿体ないので、箱のままの方が管理が楽です。汚れや破損の防止にもなります。

パズルのように高さや幅を調整しながらできるだけ省スペースになるように収納しています。

完成作品は不織布に包んで、棚に並べて

通気性を考えつつ、ホコリ防止!不織布で下からすっぽり包んで、ビニタイでネジネジ。
ビニタイはこういうのです↓

サンタさんのプレゼントみたいなのがポコポコと棚に並べられています。

引き出しや不織布の中には乾燥剤も忘れずに!

お花は一応布製品なので、防虫、防カビ、脱臭を考慮して、乾燥剤も入れています。
お花や器を箱買いすると、よく中に入っているので、捨てずにリサイクルしています。

こんな感じのやつです↑

作業場は実用性重視

教室をしていた頃は、ほぼ全ての作品を表に出してディスプレイしていたし、お花も選びやすいように花器に挿してお花やさんみたいに並べて置いたり、バスケットに入れたりしていましたが、常にホコリとの戦いでした!

その時の反動から、ホコリに悩まされない収納にしたい!と強く思い、全ての材料をケースに入れる方法に至りました。

サロンやお教室をやっている方にとっては素敵な空間作りや見せる収納も大切ですし、材料や作品は1つ1つが素敵に見えるようにディスプレイしておきたいですよね。

きっと生徒さんも、たくさんの作品、お店のように美しく陳列されたお花や材料達、そして素敵な空間にテンションが上がるのではないでしょうか。

生徒さん達には喜んで楽しんでもらいたいけれど、整理整頓やお掃除は大変・・生徒さんが増えるほど、材料もやる事も比例して増えちゃうし・・嬉しいけれど、どこで折り合いを付けるかは難しい・・。

もし私がこれから教室を再開するならばどう収納するか?

と考えてみました。

昔は美しい空間づくりや、お花いっぱいでワクワクするようなディスプレイを心がけていたのですが・・

サンプル作品やディスプレイは、流石に不織布で包むことはないと思うので、綺麗にディスプレイしておくと思います。覚悟を決めて、お掃除も頑張ります。

材料は、やはり昔の「ホコリとの戦い」がトラウマになっているので、きっと今のように、全てケースに入れておくと思います。

選びやすいし、使いやすいし、衛生的なので。
ちなみに教室再開の予定はありません^^;。

アトリエは作業場と割り切って、生活空間では少数精鋭のお花を部屋毎に色分けしてディスプレイを楽しんでいます。

 

あとがき

こうして書き出してみると、実用性と作業効率を重視した小規模ショップオーナーのアトリエ収納・・というマニアックな内容になってしまい、あまり参考になる人がいないような気がしてきました。

・・何か1つでも、収納のヒントが見つかればと思います^^;

ツール類、お道具収納はこちらの記事をどうぞ

造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具収納はワゴンを活用! フラワーアレンジメント制作に使用する材料やお道具たち。 ハンドメイドやクラフトは、長くやっている人程ものが増えていくのでは...

LINEで新着情報などをお届けします!
お問い合わせやメッセージもお気軽にどうぞ (*´꒳`*)

友だち追加

Concertoのオンラインスクールができました!無料レッスンいっぱい!!↓