Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リボンの端の切り方って迷いませんか?

斜めカット、台形カット、末広がり、先細り、ピンキング、ストレート、フィッシュテール・・

どれが可愛い??

デザイン的にはどんなイメージ??

ということで、いろいろ試してみました。

長い垂れの部分を、少しずつカットしていったので、だんだん足が短くなっていきます!

斜めカット

内側が尖った斜めカット。

やや足が長めですが・・スタンダードな形です。
外側が高くなるように、斜め45度くらいの角度にカットしています。

昔、生花のスクールに通っていた時は、この形でカットするように、と言われていました。その時の名残でブーケの飾りリボンなどはこの形でカットすることが多いかな?

でも雑誌やネット画像でいろんなブーケを見ていると、絶対にコレ!という訳でもないみたい。海外も国内も、ストレート、台形、Vカットなど、様々なスタイルのリボンを見かけます。

今はあまり様式のようなものにこだわらず、お好みやイメージ合わせたカットになっているのかもしれませんね。

斜めカット 角度浅め

最初の斜めカットよりも、少し角度を浅くして、ゆるやかな先細りに。
ちょっとやさしい感じになりますね。

ストレートカット

パッツン!という感じのナチュラルなイメージ。

台形カット

外側が尖った台形カット。
ラッピングなどでよく見かける形ですね。末広がりで縁起も良いのだとか♪
下のラインを一直線にするか、気持ち外側が高くなるくらい。

Vカット フィッシュテール 浅め

切り込み浅めのVカット。リボンを縦2つ折りにして輪の方に向かって切り込みます。
プレゼントや、カジュアルなスタイルでよく使われます。
お子様用のギフトなどにもぴったりの可愛らしい感じですね。

Vカット フィッシュテール 深め

90度くらいに、しっかり切り込みを入れたVカット。
ちょっとシャープな印象になります。

斜めカット

足(垂れ)が短くなって比率が変わってきたのでもう一度斜めカットにしてみました。
同じ斜めカットでも、バランスによって印象が変わりますね。

ピンキングカット

スカラップ状のピンキング鋏でもこもこカット♪
パステルカラーのリボンとマッチして可愛いスタイルになりました。
角度はストレートカットにしてみました。

ほつれ止め

端はライターの火を近づけて焼いておくか、ほつれ止めグルーや透明のマニキュア、ボンドなどを薄く塗っておくと、繊維が飛び出してくることなく綺麗になります。

ライターは近づけすぎると焦げちゃうので、スレスレでサッと熱を当てるのがポイントです!

火傷には気をつけてくださいね。

ロールスタイル

Concertoのお花のアレンジではワイヤーリボンを使うことが多いので、リボンの端をくるんとロールしたスタイルが定番です。

結び方の動画はこちら↓

このサイトでは、インテリアフラワー の作り方や飾り方のお役立ち情報を

この他にも、垂れのない、羽根だけのダブルリボンやクロスリボン、フリルリボン、ぺったんこのリボンなんかも可愛いですね♪

最近は作品によって、ワイヤーなしのリボンも結構使うようになったので、作品やイメージによってカット方法を変化させながらデザインを楽しんでいます。

リボン使いのバリエーションはこちら↓

フラワーアレンジメントに可愛さや華やかさをプラスしてくれるリボン。

デザインバリエーションのお役に立てば幸いです♪

無料動画レッスン一覧はこちら

作り方の動画レッスン、デザインや制作のポイントなどを無料で公開しています。
 
Concerto DIYトップページはこちら
 

通信講座のご案内はこちら

質問サポート付!人気作品の作り方を100本以上の動画で全公開しています↓

新商品や新講座のご案内、お得なセールなどをいち早くお知らせします!

LINE@にご登録いただいた方には、会員様だけのお得な情報のご案内をお送りします。
友だち追加