Concerto DIY
-コンチェルト DIY-
インテリアフラワーの手作り応援サイト
自宅教室開業準備

クラフト系のお教室、お稽古サロンにおすすめの高級テーブルマット

ハンドメイドやモノ作り、クラフトをする時って、テーブルの汚れが気になりませんか?

ファブリックのクロスだと、絵の具や飲み物、水滴のシミが付いてしまったり、グルーやボンドがこびりついてしまったり・・

ランチョンマットサイズだと収まりきれないこともあるし、ビニールクロスをガバッとかけてしまうのもビジュアルを損なってしまったり・・

私もクレイやお花のスクールをしていた最初の頃は、マット選びに悩まされて、いろんなスタイルのものに買い換えていました。

安価なビニールクロスの欠点は・・

  • テーブルや食器などにくっついてしまうことがある。
  • 時間が経つと色焼けしてしまう。
  • ビジュアル的にイマイチ
  • テーブルサイズにぴったり合わせてカットしても、縮んでしまう。型や汚れが以外に落ちない

などでしょうか。

特にクレイをやっていた頃は、つるんとしたビニールマットが使いやすいので、欠点に悩みつつも、「実用性には変えられないから」とお稽古の時だけ割り切ってビニールクロスをかけていました。

傷みも早いので、季節ごとに買い換えるサイクルでした。

 

何か良いアイテムはないかなぁ?と見つけたのが「PSマット」

UV加工やコーティングが施された高級テーブルマット、ビニールテーブルクロスです。

安価なビニールクロスと比較すると嬉しいポイントは、

  • 透明感
  • オーダーカットあり
  • 傷が付きにくい
  • ベタつかない
  • 下敷きにもなる程よい硬さ
  • インク写りしない
  • 汚れがサッと落ちる
  • グルーやボンドも落ちる。
  • 薬品にも強い

などになります。お値段は数倍するのですが・・すぐに汚れが気にになるようになったり、頻繁に買い換える必要がなくなって、見た目もスッキリ快適になりました。

日々の快適さはお値段だけでは比較できない大切なポイントですよね。

当時はイタリア製のクネクネ?したダイニングテーブルで使っていましたが、型紙をとって、ピッタリサイズにオーダーカットもしてもらっていました。

カッターの傷などは避けられないので、買い替えの頻度は1〜2年に一度くらいだったかな。

ガラス天板に比べると手軽でお手入れも簡単で、テーブルサイズに合わせていればあまり主張しないのも嬉しいポイントです♪

このマットのお陰で、テーブルの天板は、ずっと購入時のようなピカピカの新品状態に保つことができました。

あまりの使い勝手の良さに、チェストやマントルピース、デスク、玄関など、全ての家具の上に設置しようかと考えてしまうほどです。

クラフトがお好きな方やお教室、お稽古サロンなどをされている方には、お手入れ簡単&作業効率もアップする、おすすめのアイテムです。

ABOUT ME
はな
はな
アーティフィシャルフラワーを使ったインテリアフラワーの作り方・活用方法などをお伝えしています。 物作りに没頭している時間が幸せ♡ 基本的におうちでのんびり過ごすのが好きなひきこもり体質です。 >>オンラインスクールはこちら

分からないことやメッセージがあれば
LINEで話しかけてください(*´꒳`*)

新着情報もいち早くお届けします!

友だち追加