Concerto DIY
-コンチェルト DIY-
インテリアフラワーの手作り応援サイト
無料動画

土台も手作り!ハーフムーンリース、リースブーケの作り方【無料動画】

シャビーシックスタイルのスモーキーな色合いで、ハーフムーンリースを作ってみました。

小さめですが、リースブーケにもなります (*´꒳`*)

お花は7輪だけ、葉っぱは100円ショップで調達しました。
短時間で気軽に作れるアレンジです。

土台は手作りしたのですが、ハーフムーンリースの土台は市販のものもあります。ページ下にリンクを貼っておきますね。

今回ハーフムーンリースの土台を手作りした理由は・・買いに行くのが面倒臭かったから・・というのもあるのですが^^;・・少ない花数でスッキリフラットなデザインにしたかったから、というのが大きな理由です。

お花もベースも、ないものは自分で作るしかない!ってことですね♪

ぺったんこだと、土台を隠すための材料も少しで済むので、時短になるし、材料費も安くで済みますよ (*´꒳`*)

初心者さんにもおすすめです。よかったらチャレンジしてみてくださいね!

ハーフムーンリース、リースブーケの材料とお道具

  • クラフトワイヤー
  • カラーボード(5mm厚)
  • ワイヤー26番
  • バラー(大2中2小3)
  • グリーン(ダイソーで購入)
  • カバー用リーフ(ラムズイヤー8枚)
  • あじさい適量
  • グルーガン・芯
  • ラジオペンチ
  • 定規
  • カッター
  • 目打ちまたは千枚通し

ハーフムーンリースの作り方無料動画レッスン

チャンネル登録や評価をいただけると励みになります♡

チャンネル登録

↑ベルマークを押しておくと、Youtubeから新着動画のお知らせが届きます。

作り方のポイントは?

お花を上に向けてあげる

テーブルの上に置いた状態で下から見上げて作っているとただでさえ花向きが下になりがちです。

まずはお花が下を向かないように心がけるのと、壁掛けやリースブーケとして使う場合は、お花は正面よりもやや上を向いている方が、お花の顔))が綺麗に見えます (*´꒳`*)

動画も製作者目線で少し下側から撮っているので、底の部分の紫陽花が目立って見えるのですが、完成画像をみていただくと、飾った時にはチラチラっと覗くくらいの幅になってます。

リーフの流れ意識する

リーフは適当に差し込むのではなくて、リースベースの円形に沿わせる感じで内側にカーブさせて入れると流れが出て綺麗です♪

このポイントに気をつけて作ってみてくださいね!

左右のボリュームを少し変える

綺麗に左右対象にするよりも、色やお花、ボリュームを少し変えて、アシンメトリーな感じにすると動きが出て可愛いです (*´꒳`*)

デザインのポイントは??

全体的にスモーキーな色合いで、シャビーシック感を出してみました (*´꒳`*)

リースベースが見えている部分も、リボンやレースを巻いたり、色を塗ったり、グリーンを這わせたり、いろんな見せ方があるのですが、今回はお花の色と調和していたので、クラフトワイヤーのナチュラルカラーそのままで使うことにしました。

ナチュラル感を生かしたかったので、Concerto定番の「リボン」は封印♪

ボタニカルな雰囲気や、ドライフラワーみたいな落ち着いた色合いも素敵ですよね。

ふんわりなパステルカラーも可愛いけど、たまにはこんなニュアンスカラーも作りたくなります♪

色合わせや材料選びはフラワーアレンの醍醐味です!

「どの色にしようかなー」「どのお花が雰囲気に合うかなー?」とあれこれ考えているだけで幸せ (*´꒳`*)

自作リースベースで、思い通りのバランス&デザインに

ハーフムーンリースって、リースベースの土台の部分にお花を巻きつけたり貼り付けたりして作ることが多いのですが、その場合、お花が外側にはみ出してしまうのですよね・・

どちらかというと円の外側よりも内側にお花を収めて、全体の丸いアウトラインをスッキリ綺麗に見せたいなぁ・・と思ってこの方法を考えました。

カレイドフレーム風にも見えますね♪

それから、今回は花数も少なくしたかったので、高さの盛り上がったリースベースだとお花がもりもりになってしまうのです・・

ボリューミィなので豪華に見せたい時はいいのですが、スッキリ仕上げたい時、花数を節約したい時には、低いめの土台、小さい土台の方が向いています。

今回は、クラフトワーやーの厚みと同じ5mmにしたので、お花が飛び出し過ぎず、ベースや壁面との一体感が感じられるフラットな仕上がりになりました (*´꒳`*)

グリーンは100円ショップ利用

そうそう、↑このいい感じのグリーンは、ダイソーで購入しました。

100円ショップの素材って、販売用の商品に使うのはどうかな、という感じなのですが、おうちで気軽に手作り♪コスパよく可愛い作品を作りたい!ちょっとお花をやってみたい・・という方にはいつでもどこでも手に入る便利なアイテムですよね♪

ということで、無料レッスンでは100均アイテムを、ちょいちょい取り入れています♪

裏側のカバーも統一感を大切に

裏側のカバーにも、ニュアンスカラーのリーフを使用しました。

作品の一体感や調和は大切にしたいですね♪

モコモコ起毛したラムズイヤー♪お気に入り素材です。

使い道は色々 クラフトワイヤー

今回リースの土台に使ったのは、手芸屋さんやお花の資材屋さんで買うことができる、クラフトワイヤー。1本50円くらいなので、コスパも良いです♪

ブーケのステムにしたり、リースやアレンジの土台にしたり、取手にしたり・・好きな形に曲げられるのでいろんな使い道があります。

太さのバリエーションも色々あります。

既製のリースベースはこちら

お花を入れたり貼り付けたり・・いろんなデザインが楽しめそうですね♪

細めのリースベースを使っても可愛いと思います♪

普通のリースベースやワイヤーの土台に、リース用のワイヤーを使ってお花の束を巻きつけて作る方法などもあります。

ちょっと難易度アップ&花材をたくさん準備しないといけないので・・また別の機会に♪

お花は専門店の造花・アーティフィシャルフラワーを使用しています

お花は100円ショップだと、イメージに合うものがないので・・花資材の専門店で買える造花・アーティフィシャルフラワーを使っています。

いろんなメーカーさんのお花やお道具が揃っているショップだと、豊富に選べて送料も安くですみますね。

お花の購入先はこちらから↓

Concerto DIYの無料動画レッスン一覧はこちらからどうぞ。

ABOUT ME
はな
はな
アーティフィシャルフラワーを使ったインテリアフラワーの作り方・活用方法などをお伝えしています。 物作りに没頭している時間が幸せ♡ 基本的におうちでのんびり過ごすのが好きなひきこもり体質です。サイトを通じて、お花や手作りが好きな方と繋がれたら嬉しいです! ↓SNS はこちら↓フォローしてもらえると励みになります!

作ってみよう!
\無料動画レッスン一覧はこちらから/

メッセージがあれば
LINEから話しかけてください(*´꒳`*)

新着情報もお届けします!

友だち追加

こちらの記事もよく読まれています。