Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Concerto DIY
-コンチェルト DIY-
インテリアフラワーの手作り応援サイト
作ってみよう!実践編

フラワーアレンジメントの基本 お花ってどっち向きに入れたらいいの?

お花のアレンジやディスプレイを作る時、どっち向きに挿したらいいんだろう??って迷いませんか?

別にやり方に明確な正解があるわけではないので、ナチュラルにざっくり入れたりとか、こっち向けたら可愛いな・・って感じで楽しめばOKなのですが、きちんと感を見せたい場合、フラワーアレンジメントの基本の差し向きを知っておくと、すごく作りやすいと思います♪

器を使ったアレンジで、多く出てくる活け方、放射状の考え方についてお伝えしていきますね。

フラワーアレンジメントの基本の差し向き、放射状

ラウンド、ホリゾンタル、トライアンギュラーといった、フラワーアレンジメントの多くの定番デザインは、放射状といって、中心(点)から外側に向くようにお花を入れていきます。

上から見ても横から見ても、1点から外側に向かっている状態。

ラウンド・ドームアレンジを横から見るとこんな感じ↓

お花の分量やデザイン、器の形状によっても微妙に基点の位置が変わってくるのですが、大体こんな感じで捉えると分かりやすいと思います。

  • 器と1;1くらいの高さがあれば、器の縁の高さの真ん中あたり。
  • 真ん中の図のように、お花の分量が少ない時やフラットに仕上げたい時は、中心点を下の方に下げると自然に見えます。
  • ボリューミィにお花を入れる時は、縁のあたりに少し下向きのお花も混ぜてあげると自然な感じになります。(好みにもよります)

花束やクラッチブーケの花向きも放射状


↑このようなクラッチブーケも、放射状にお花が入っています。

↑この図は、小さめのクラッチブーケの組み方。真ん中から外側のアウトラインに向かって、最短距離でお花を外側に向ける感じで組んでいきます。

ブーケ が大きくなっていくに従って、中心点の位置が下になっていきますが、「放射状」を意識するのは同じです。

※細長いスタイルにする時は、並行に入れていくデザインもあります。

ワイヤリングブーケの花向きも放射状


こちらはお花の茎をワイヤーに付け替えて組んでいくタイプのワイヤリングブーケ。
こちらも作り方を図にするとこのような放射状↓


中心から外側にお花がふわーっと広がっていくように作っていきます。

形が変わっても同じ


こちらも少し横長に入れたアレンジですが、向きは中心から外側に向かって入っています。

三方見、一方見のアレンジは中心が少し後ろ

Concertoのインテリアフラワーではあまり作らないのですが、生花アレンジでよく出てくる、トライアンギュラーやファンなどの三方見・一方見※のアレンジだと、この中心点が少し後ろにずれます。
※前面から見た時にお花が綺麗に見えるように入れて、後ろ側はリーフなどでカバーする、壁際などに飾るデザイン。

飾りたい場所に合わせて、応用・微調整してみよう

基本の放射状が理解できたら、作品のデザインや飾る場所に合わせて応用してみるのがおすすめ♪

例えば、目線よりも低い位置飾るか、高い位置に飾るか、この作品はどの方向から見られることが多いか?というのを考えてみます。

食卓やテーブルに飾るお花は少し上向きを意識

食卓に飾るお花は、座った時に上から見下ろすようなシチュエーションが多いので、少し上むき気味にお花を入れることを意識すると、目線に入った時に綺麗に見えます。

注意点


↑こんな感じで、手元で作っていると、自分目線に合わせてお花が全部上向きになってしまう・・ということもしばしば。

この位置からお花を眺めるのは作っている時だけなので、いざ出来上がって離れた場所に置いてみると、お花の顔が上向きのものばかりで綺麗に見えない、ということもあります。

作りながら、時々どこかに置いてみたり、離れて作品を眺める癖をつけておくと良いですよ (*´꒳`*)

高めの位置に飾る時は少し下向きのお花も混ぜてあげる

玄関やハイチェスト、棚の上など・・ちょっと高めの位置に飾りたいフラワーアレンジメントを作る場合は、お花を上に向けるよりも、前向きや横向き、下向きのお花を多めにしてあげると、お花と目が合って綺麗に見えます (*´꒳`*)

理論に囚われすぎず、柔軟に♪

基点からどの角度で、どの方向を向けて・・

と正しい型や基本を学ぶことは大切ですが、お花の勉強をしていると、どうしても「作品自体が正しいルールやテクニックで作られているか、美しいか」だけに囚われてしまいがちです。

でもお花の作品って出来上がった後、どこにどんなふうに飾るのか?も大切ですよね。

特に造花・アーティフィシャルフラワー アレンジは長く飾って楽しめるものなので、飾る場所や空間との調和はしっかり意識する必要があります。

例えばウェディングブーケであっても、「いかに凄いテクニックで作られているか、ブーケ自体が美しいか、すごいデザイナーが作っているか」よりも、ドレスの色やラインに調和するか?や持った時のサイズバランスなど、どうすれば花嫁さんがより素敵に見えるか、が大事ですよね?

インテリアフラワーも同じで、家具とのバランスや飾った時に空間が素敵に見えるかどうか、あなたの好きなイメージに合っているかどうか、がすごく大事なんです。

なので、基本の考え方は頭に入れつつ、必ずしも決められた比率や角度、花数で作らなくてもok!

飾る場所やシチュエーションに合わせた工夫をプラスしていきましょう (*´꒳`*)

ちなみにconcertoのインテリアフラワー通信講座には材料を付けていません。好きな色もインテリアのイメージも皆違いますから、自分の好きなお花をじっくり選んで作った方が良いと思います♪

花向きの応用方法色々

お花の向きの決め方については、先ほどお話しした、「飾る場所」以外にもいくつかポイントがあります。

お花の種類に合わせる

お花には様々なサイズや形がありますよね。

  • 細長い蕾のようなお花
  • ふんわりまぁるく咲いたピオニーやカーネーション
  • 小さなお花が集合したあじさいやのスノーボール
  • 平たい形のガーベラやひまわり
  • 高さのある大輪のバラ
  • カップ咲、カメリアのような開いたお花
  • ダリアなど少し傾きや表情のあるお花

など。それぞれのお花によって、綺麗に見えるお顔の向きって少しずつ違います。

基本は放射状だけど、このお花は少しこっちを向けた方がお顔が綺麗に見えるなーと思ったらちょっと変えてあげる、という感じですね♪

あまりやりすぎるとゴチャゴチャに見えてしまうこともあるので、離れて確認してみたり、人に見てもらったりして、全体が調和していればOKです (*´꒳`*)

作りたいスタイル・雰囲気に合わせる

キュートな感じにしたい時、デコラティブなイメージで作りたい時

放射状&綺麗な形にアウトライン(輪郭)を揃えて、キュッと詰まった感じのアレンジにするとオブジェっぽくなります。


Concertoのデザインはこのようなスタイルが多めです。

ナチュラルなイメージにしたい時

お花が自然に生えている感じを意識して、少しバランスを崩したり、高低差・立体感をつけたりします。お花の向きも、キッチリ全てを放射状・シンメトリー(左右対称)にするよりも、部分的に少し崩してあげると自然に見えます。生花の場合はこちらのスタイルを好まれる先生が多いですね。

このように、器によって、お花によって、置き場所によって、サイズによって・・基本を知った上で、自分なりの工夫を加えていくことで、作品がより魅力的になります。

この作品はどんな場所に飾りやすいかな?どうやったらもっと素敵に見えるかな?どうやったら空間に調和するかな?どうやったら相手に喜んでもらえるかな?とあれこれ考えるのは、クリエイターにとって楽しい時間ですよね (*´꒳`*)

ここからは余談です・・

フラワーアレンジメントを始めた時に難解だったお花の向き・・・

お花を習い始めた頃って、この花向きやちょっとした微調整がよく分からなくて、ぐるぐるしていた記憶があります^^;

同じお花を使っていても、先生の見本と自分のが全然別物!
ちょっと手直ししてもらうと作品が生き生きと見違えるようになって・・「一体どうなってるんだろう???」って長いこと不思議で仕方ありませんでした。

本当に先生の手が魔法の手に見えました。

今思うと、「基本をしっかり」+「経験に基づく微調整・応用力」だったのかなー?と思います。

お花の基本や理論って専門用語も多くて、難解でした・・

理論を学んでいて出てくるのはこんな用語↓

  • 単一焦点
  • 複数焦点
  • 成長点
  • メカニカルフォーカルポイント(MFP)
  • 基点
  • 支点
  • アウトライン

あまり馴染みのない言葉も多かったので、最初は「なんのこっちゃ?」って思ってました。
型の名前もドイツ語とかだし^^;

英国式とかドイツ式とかヨーロピアンとか・・きちんと理論的なことを学びたいなら、こういったしっかりした流派?で学べば身につくと思います (*´꒳`*) 。私も民間資格取る時に少々勉強しました。

しかし・・・

私が作りたかったのはおうち花

お城のような豪邸や応接室に飾るお花でもなく、ショウウィンドウに生け込みをするわけでもない・・コンテストや作品展に出品するようなお花でもない・・お花やさんを営むつもりもない・・

おうちのテーブルの上やチェストの上、デスクの横にちょこっと・・プチギフトに、みたいな感じで、インテリアをちょっと可愛くしたかっただけなんです (*´꒳`*) 。

生花のフラワーアレンジメントの資格コースで学んでいたときは、理論に基づいた完璧なもの、どこに出しても恥ずかしくないものを作れるようになりたい!!と必死に勉強していたのですが、今思えば、私にはそこまで必要なかったかも・・

フラワーアレンジメントの資格試験用に繰り返し作っていたトライアンギュラーも、Lシェイプも、ヴァーティカルもクレッセントも、パラレルも・・・家では全く出番がありません^^;

現在はメンテナンスの手間や衛生面を考えて、アーティフィシャルフラワーのインテリアアレンジを作るようになりました。

生花より造花やアーティフィシャルフラワーがおすすめなのはどんな人?生き生きとしたフレッシュ感溢れる生花、とっても綺麗で見ているだけでウットリしますね (*´꒳`*) ここ数年は専らアーティ...

アーティフィシャルのお花って、「生花風」にふんわりアレンジするとちょっと偽物っぽさが際立ってしまう事も多いんですよね・・。

↑デザイナーのテクニック次第とも言えます・・(._.)

ということで、Concertoでは、生花風のリアル感を重視したものよりも、あまり茎を見せないオブジェっぽい作品や、インテリア小物など、アーティフィシャルフラワーに特化したデザインや独自スタイルのものが多いです↓

資格や理論もいいけど、何かを作りたい、学びたいって思った時に一番大事なことは自分の好きなものや表現したいものが形にできるかどうか、ですよね。

↑こんな感じのクラフトっぽいアレンジでも「放射状」の入れ方を知っておくと、作品がスッキリ綺麗に見えて大活躍のテクニックです。

お花の理論を手軽に学びたい方は、書籍で勉強するのもおすすめです。
プロの計算されたバランスやテクニックが、わずかな値段で学べます↓

インテリアフラワーアレンジの参考になるおすすめ本や資料 フラワーアレンジメントの参考になる画像や情報はネットでもたくさん手に入ります。 でも、無限にある情報の中からピンポイントで...

放射状の入れ方の次に覚えておきたいのは、並行に入れるや流れを意識することでしょうか・・


長くなってしまったのでまた今度お話ししますね。

分からないこと、メッセージがあれば気軽にLINEからお送りください (*´꒳`*)
Concertoの新着情報もいち早くお届けします!

友だち追加

通信講座はこちら

動画で学べるインテリアフラワー作り

オンラインスクール


>>レッスン紹介&無料コースはこちらから