Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
Concerto DIY
-コンチェルト DIY-
インテリアフラワーの手作り応援サイト
材料とお道具

造花をネット通販で買う時のポイントは?花選びで失敗しないために!


受講生さんから質問が寄せられましたのでシェアしておきますね♪

【質問】
「ネットでアーティフィシャルフラワーを購入して、思っていたのと違う質感でがっかりしたことがあります。ネットで選ぶ時に何かポイントがあれば教えてください」

とのことでした。

お花のクオリティーを見極めるのって難しいですよね!

同じような失敗経験のある方も多いのではないでしょうか。

そう・・ネットの画像は分かりにくい!!

「売る気あるのか!?」って言いたくなるくらいに・・(笑)
むしろ画像をわかりにくくして失敗させようと企んでるのか?!と悪意を感じるくらいに・・
↑ただの被害妄想です。

私も何度も失敗しましたよ (/ _ ; )

特にカタログからのスキャン画像なんかは全然あてになりません。
色も質感もよく分からないし、まるで別物?!といったものが届くことも・・。

と言うわけで、長年やっていても見極めはなかなか難しいのですが・・ここだけはチェックしたい!と言う造花の選び方をお伝えしていきます。

ネット通販で造花を買うための傾向と対策

・通販は実物画像が豊富なお店で選ぶのが鉄則!

ネットで選ぶ時のポイントになるのが、実物画像がたくさん見れるかどうか。

取り寄せ販売のネットショップなどにありがちな、カタログからのスキャン画像だけは非常にわかりにくいです!

こういう全体像の画像だけでは判断が難しいでしょう↓
遠目過ぎて、重要なヘッド部分の作りも生地のクオリティーも分かりにくい・・

造花を選ぶ時は、素材や花びらの付き方、色のグラデーションの入り方などをしっかりチェックする必要があります。

アップの画像やいろんな角度から撮ってある写真で選ぶのがオススメです(同じ商品)↓

上からや横からなど、色んな角度の写真があると分かりやすいですね♪
横顔も大事です。

つぼみのような形のお花はとてもかわいいのですが、フラワーアレンジに慣れないうちは、少し高さが低めのお花が使いやすいかもしれません。
(縦長ではなくて、横長のお花)


↑こういう感じでお花のアップや上から綺麗に撮った画像があると形がよく分かりますよね♪

同じ造花でもお店によって値段が違うので、メーカーや品番が分かるならチェックして単価や送料なども比較検討したいところです・・。

・造花を選ぶ時は花びらが多いお花がおすすめ!

これはネットかどうかはあまり関係がないのですが・・お花のクオリティーの問題ですね。

コスパ重視でない限りは、ある程度のクオリティーは押さえておきたいもの。

花びらが少ないお花は、価格は安いのですが、仕上がりが今ひとつ・・

造花の場合は花びらが少ないと、平面的にみえてしまったり、陰影が少ないので、偽物感が目立ってしまうのです・・。

バラだと特に、中心に芯のないもの、穴が開いていて奥のキャップが見えているものなどは避けたほうが良いでしょう。

バンドル(束)になっている小さめのお花や安価なお花に多い作りです。

花びらが多くて、中心の芯がしっかり包まれているものがおすすめです。
こういう感じ↓

このお花は持っていませんが、画像を見ただけで良さそう・・という感じがします。

このあたりはネット画像でも判断しやすいポイントですね。

花びらがたくさん入っているとその分陰影も綺麗に入るので、作品が生き生きと立体的に見えます^^

造花はただでさえ単調に見えてしまいがちなので、できるだけ影がたくさん入る重なりの多いお花を選ぶのがおすすめです。

例えば、ユリのように、花びらが少なくて面が大きく見えてしまう造花は、単体で使うと作り物感が目立ってしまうため、グリーンや他のお花を組み合わせたりして、影をたくさん作った方が綺麗です。

どんなお花を選ぶか?という花選びもたいせつなのですが、どう見せるか、どう組み合わせるか、なども重要なポイントになります。

造花・アーティフィシャルフラワーアレンジにおすすめのお花の種類としては、バラやピオニー、ラナンキュラス、ダリアなど、花びらがたくさんついているお花が向いていますね♪

生花の場合はカメリアっぽい開いた咲き方のバラも可愛いのですが、造花の場合は、
パカっと広がり過ぎてなくて、花びらやうず巻きがたくさん入っているものがおすすめです。

安価な造花に注意!花びらにほつれがないか

アップの画像が見れるなら、ほつれがないかもチェックポイント。

一定のクオリティーがあるお花であれば、生地に糊付け加工してあったり、ヒートカットしてあったりして、ほつれにくい素材になっています。

ボサボサになってないかは要チェックです。

通販の場合はサンプルを取り寄せてみるのも有り

「これだ!」というようなドンピシャなお花を見つけた!と思っても、実物を見ずして大量買いするのは非常に危険です^^;

早く使いたいし、良いものだったらたくさんキープしておきたいし、まとめ買いすれば割引率や送料もお得になるし・・「写真も良さげだからきっと大丈夫 (*´꒳`*) !」と都合のいいように考えてしまいがちですが、目先のことばかり気にしていると大損する事も無きにしも非ず。

私も大失敗して使えない在庫を山ほど抱え込んだ経験があります(>-<)

ここはひとつ、立ち止まって冷静に考えましょう!

Concertoでもシリーズ化したいなーーといった良さげなお花は、必ずサンプルを取り寄せてから決めています。

似たような色や形のものであれば、一輪ずつ頼んで色やサイズ、クオリティーを比較検討。

実店舗がある問屋さんなどへ足を運ぶこともあるのですが、結局交通費や時間もかかってしまうので、その分をサンプル代に充てるつもりで割り切ってもいいのかなと思います♪

最初は小さく試すのがおすすめです。

造花の色の判断は難しい!

実物画像があっても、色の判断はなかなか難しいでしょう。
モニターによってもかなりの差が出てしまいますし・・ダメもとで用心しながら・・orサンプルを取り寄せるのが安心ですね。

購入に慣れてくるとある程度勘が働くように・・

造花の場合、花選びに何度か失敗して、慣れてくると、「この辺の色は失敗もあったから要注意だな・・」とか「このクオリティーにしては安すぎる気がするけど大丈夫かな?」とか・・何となく勘みたいなものが働くようになってきます。

経験を重ねるにつれて、花選びで大きな失敗をすることも少なくなってきました。

最初のうちはたくさんのお花を見て、値段やクオリティーを比較検討して、時には失敗もして、経験を重ねていくとだんだんと要領よくお花を選べるようになっていきます。

あらかじめ用意された材料で作るのも楽ではあるのですが、やはり自身の経験からしかこういったスキルは身につかないので・・失敗も覚悟しつつ、積極的にチャレンジしていかれることをおすすめします!

造花・アーティフィシャルフラワーの購入先リンク集はこちら↓

造花アレンジの材料はどこで買える?100均〜おすすめ購入先14選 おしゃれなインテリアを目指して、お部屋に花を飾りたい! フラワーアレンジメントを手作りしたい! そんな方のために、お花作...

素敵なお花が見つかりますように♪

分からないこと、メッセージがあれば気軽にLINEからお送りください (*´꒳`*)
Concertoの新着情報もいち早くお届けします!

友だち追加

オンラインスクール

自宅で学べるインテリアフラワー作り

動画通信講座


>>ご案内&無料レッスンはこちらから