Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

このページでは、造花、アーティフィシャルフラワー アレンジを作る際に使用する「接着剤」についてお話ししますね。

生花のフラワーアレンジメント では、あまり使用する機会のない接着剤・・
ブーケ(ホルダータイプの)のお花の抜け落ち防止やリーフの加工に使うくらいでしょうか。


生花の場合は、吸水スポンジがしっかりお花をホールドしてくれますし、枯れたら捨ててしまうので、長期間にわたっての耐久性は必要ありません。

動画通信講座のご案内はこちら↓

造花、アーティフィシャルフラワー を使ったアレンジでは接着剤が必須


生花とは違って、長く飾るアレンジメントは、丈夫さ、耐久性が非常に重要です。
飾っている間やちょっと動かした時に、お花がポロッと落ちてしまったり、器と土台が外れたりしまったら大変です。
お花とワイヤー、お花と土台、土台と器、をしっかりと接着しておかなくてはなりません。

耐久性の大切さはこちらの記事で解説しています↓

いつまでも鮮やかな色と美しさを保つことができるアーティフィシャルフラ

接着剤は用途によって使い分けます

グルーガン

  • お花にワイヤーをセットする時
  • お花の抜け落ち防止(フローラルフォームとの接着)
  • フローラルフォームと器の接着
  • お花をボックスやフレーム、ボードに直接貼り付ける時
  • 花びらをはり合わせる時

などに使います。

造花、アーティフィシャルフラワーの手作りウェルカムボード

ウェルカムボードの作り方無料動画レッスンはこちら↓

貼るだけで簡単に作れるロマンティックなバラ園風ウェルカムボードの作り方を

グルーガンには高温用と低温用があって、スティック状のグルー芯を入れて使います。

初心者さんは、やけど防止のため低温タイプのグルーガンがオススメです。

低温用のグルーガン+低温用のグルー芯のセットで使います。グルースティックが溶ける温度が低いため、すぐにグルーの温度が下がって、あまり熱くなりません。ただし、グルーを出した直後に触るとやけどしてしまうので気をつけて下さい。

教室のレッスンで使用する際は、生徒さんの安全第一のため、低温グルーを使うようにしましょう(スクールをしていた時は低温でも、火傷する方がいらっしゃいました><保冷剤など用意しておきましょう!)。

手元にそのまま置いてしまうと、グルーが垂れてテーブルが汚れてしまったり、うっかり先端に触ってしまって危険です。お花やリボンが汚れたりすることもあるので、スタンドや、器に入れたり、シリコンマットなどを強いて、材料や手元から離して置くようにしましょう。

造花アレンジに使うお道具はこちらでご紹介しています↓

このページでは、造花、アーティフィシャルフラワー 、シルクフラワーの

作業に慣れてくると、高温の方が使いやすいです。

グルーガンの使い方にある程度慣れて、「うっかり触っちゃう」ことが無くなれば、高温タイプの方が便利。固まるのが遅いので、少し余裕を持って作業できる、しっかりくっつくのが利点です。

高温タイプのグルーガンには高温タイプのグルー芯を使います。

グルーガンの注意点

  • 火傷に注意!
  • ガラスや金属、プラスチック素材にはくっつきにくい
  • 糸が出る(アレンジが終わってからまとめて取り除くのが○)
  • 固まるのが早い(メリットでもあります)
Q:グルーで接着しても、強く扱うと取れてしまうことがあります。 強度の高い

木工ボンド

 

  • 器とフローラルフォームを固定する時
  • お花の抜け落ち防止

に使います。
グルー接着だけでは外れやすいので、販売用や贈り物はボンドで補強しておくのが安心です。

器とフローラルフォームを固定する時は、グルーで仮留めしてから、隙間に木工ボンドをつけていきます。

お花の抜け落ち防止に使う時は、アレンジする際に、ワイヤーにボンドを付けながらフローラルフォームに挿していきます。
造花アレンジの作り方お花の準備

固まるのに時間がかかるので、ゆっくり作業ができる、やり直しができるのが利点です。

また、土台全体にボンドを塗ってから、お花を挿していく、という方法もあります。

多用途接着剤

  • 器とフローラルフォームの接着
  • コサージュ台の接着
  • ガラスやアイアン(金属)のベースセット
    などに使用します。

ガラスやプラスチック、金属など、素材を選ばずスピーディーに接着できる多用途接着剤。
ボンドよりも早く固まり、グルーガンよりもしっかり接着できます。

 

花用接着剤

花びらの接着などに使います。
茎やキャップを外すと崩壊してしまうお花の花びら接着に便利。主に生花の固定に使う防水性の接着剤です。プリザーブドフラワー・ドライフラワー・リボンなどにも使えます。

温めなくても良いグルーガンのような感じ。熱くないので安全です。固まるのも早く、接着後は少し粘り気が残ります。

 

硬化時間や作業効率、強度などがそれぞれ違うので、デザインや用途によって使い分けましょう。

造花・アーティフィシャルフラワー アレンジに使用する接着剤についてのお話でした。お花や手作りががお好きな方にご活用いただければ幸いです。

動画で学べる!インテリアフラワーの作り方 オンラインレッスン

通信講座のご案内はこちらから



LINEのご登録はこちら↓新着情報やお得情報をお届けします♪

友だち追加

ご登録済みの方は直接管理人へのメッセージやお問い合わせをしていただけます。

無料動画レッスン一覧はこちら

作り方の動画レッスン、デザインや制作のポイントなどを無料で公開しています↓
 
記事一覧はこちらから
Concerto DIYトップページ