Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!


このページでは、生花、造花、アーティフィシャルフラワー を使ったインテリアフラワーアレンジメントを作る際に使用する、「土台」のお話をします。

ここでいう「土台」とは、花器の中にセットするスポンジのようなもののことを指しています。
生花に使う場合は給水が必要なものになるため「給水スポンジ」と呼ばれることもあります。

動画通信講座のご案内はこちら↓

フラワーアレンジメントの土台の総称=「フローラルフォーム」

花を挿すことに特化して作られた「花専用のスポンジ」のことですね。

もともと切り花は、花瓶にそのまま入れる投げ入れのスタイルや、茎をまとめて花束にすることが主流でした。

その後、「吸水スポンジ」「フローラルフォーム」が生まれたことによって、「ラウンド型」「三角型」「楕円形」「円錐型」などの様々な形を簡単に楽しむことができるようになったんですね。

「フローラルフォーム」には、吸水が必要な「生花用」と、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワー、ドライフラワーなどを刺すための「ドライ用」の2種類、兼用タイプがあります。

生花以外のお花を使う場合は、「ドライ用フォーム」の他に、手芸・工作用に使う「発泡スチロールの土台」を使うこともできます。

それでは、ここからそれぞれのフォームの特性や違いなどを、説明していきますね。

生花に使うフローラルフォーム

↑こちらは生花のアレンジ専用の「吸水スポンジ」。メーカーによって、「オアシス」「アクアフォーム」などの商品名で呼ばれていて、100円ショップや園芸店でも販売されています。

「オアシス」というのは、スミザーズオアシスという会社が販売している吸水スポンジの商品名なのですが、現在ではフローラルフォーム=オアシスともよく言われていて、吸水スポンジの代名詞になっていますね。

樹脂製の柔らかい素材でできているため、「オアシスナイフ」やカッター、包丁などで好きなサイズ、形に切ることができます。


専用のカッターはこちら↑
「アクアカッター」「オアシスカッター」などと呼ばれています。
メモリが付いていて便利ですが、お値段もなかなか良いので・・包丁でも代用できます。

器の中に入れたり、お皿の上に乗せたりしてお花を挿していくのですが、セロハンで巻いて、カラーペーパーやリボンでカバーすると器のようにして使うことも可能です。

生花用のフローラルフォームは、お水を吸わせてから使います。
バケツなどにお水を張って、吸水スポンジを浮かべる→自然に沈むのを待ったら、引き上げて器などにセット。

大まかなサイズにカットするのはお水につける前、面取りや高さ合わせなどの細かいサイズ合わせは吸水後がやりやすいです。

給水させる際に、上から押さえて無理に沈めてしまうと中までお水が浸透しないため、強度が落ちたり、お花の持ちが悪くなったりするので気をつけましょう。

造花アレンジの土台はオアシスでもいい?

→ オアシスは給水させない状態で使用すると強度が弱いため、あまりおすすめしません。

生花用の「吸水スポンジ」は、お水を含ませることによって最適な硬さや密度になるよう作られているため、乾いた状態では強度が弱いです。挿し直しをしたり、太い茎をたくさん挿したりすると、ポロポロと崩れてしまうことも。

自宅用に簡単に作りたい方、器の中に土台を埋め込んで低めにアレンジする場合には、柔らかくて挿しやすく、入手もしやすいので良いと思いますが、販売用やプレゼントにする場合は、強度不足が心配です。

耐久性、強度の大切さはこちらでご紹介しています↓

いつまでも鮮やかな色と美しさを保つことができるアーティフィシャルフラ

では、造花やアーティフィシャルフラワー のアレンジに使う土台は何が良いのでしょうか?

お花の専門店などでドライフラワー、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワー用として販売されている、ドライ用のフローラルフォームがあります。

ドライフォーム

セック、サハラ、などの商品名でも呼ばれています。

長方形以外にも、リースタイプ、球形、ブーケホルダー、円すい型など、いろんな形のものが販売されていて、アレンジメントの形に合わせて使い分けることができます。

オアシス同様に軽い力で簡単にカットすることができます。専用ナイフ、カッター、包丁などでカットします。


こちらが専用のカッター↑
包丁やカッターでも代用できます。

オアシスよりも崩れにくく、プリザーブドフラワーのアレンジにもよく使われます。カットすると粉(切りくず)が出やすいのが難点。吸い込まないようにマスクをしておいたほうがいいかもしれません。エプロンやコロコロを用意して、衣類への付着対策もしておくとよいでしょう。

スッと茎が入っていく柔らかいフォームで、ワイヤリングしたお花だけでなく、生花アレンジと同様に茎をそのままカットしたものも刺すこともできます。

ワイヤリングのポイントはこちらの記事をご覧下さい↓

お花のワイヤリングとは? 「ワイヤリング」の意味は「針金操作」。フラワ

ダウ


↑こちらは造花アレンジ、アーティフィシャルフラワー 用として販売されているフォーム。ハート、リース、円すい、円筒タイプなどがあります。

オアシスやセックよりも固く、気泡がたくさん入っていて「ラスク(お菓子)」のようなバリバリとした質感です。ワイヤーや茎も比較的挿しやすく、しっかり支えてくれますが、薄くカットすると割れやすいので気をつけましょう。

オアシス(同じサイズのブロック)に比べると少しお値段が高め。


ギザギザの刃がついた↑フォームナイフカッターで切ることができます。包丁やオアシスナイフでは切りにくいです。

造花アレンジ作りのお道具紹介&リンク集はこちら↓

このページでは、造花、アーティフィシャルフラワー 、シルクフラワーの

一般的に、「造花・アーティフィシャルフラワー 用」として販売されているのは上記にご紹介したものになります。

そして、「生花用のオアシス」「造花・ドライ専用フォーム」のほかに、Concertoでよく使っているフォームについてもご紹介しますね↓

コスパと耐久性に優れた、工作・DIY用のフォーム

スチロールボール

「スチロール球」、「素ボール」「トピアリーボール」などと呼ばれています。

3センチ〜10センチくらいまで、1センチピッチでサイズが選べます。最初から丸い形に整っているため、サイズに合わせてカットする手間もありません。器やアレンジメントのサイズに合わせてセレクトすることができて非常に便利です。

スチロールレンガ


サイズ、強度的に使いやすいです。フォームナイフやカッターで切ることができます。

これらのフォームは硬くて強度がある分、カットに力がいる、茎が刺さりにくいという弱点もあります。

フォームの特性に合わせて、茎を丈夫なワイヤーに差替えたり、目打ち、千枚通しなどで穴を開けたり、一手間をかけてからお花を刺していきます。

同じ発泡スチロールでも、梱包用の緩衝材などに使われている目の粗いものは、崩れやすいため向きません。スチロールレンガは100円ショップ、手芸やさん、ホームセンターなどでも販売されていて、オアシス同様に入手しやすいアイテムです。

フォーム類のご紹介&リンク集はこちら↓

アーティフィシャルフラワー アレンジのお道具紹介をしています。 お花屋

発砲スチロールブロック

キューブ型、円柱型など色々あってコスパも良いです。
目が粗めなので、そのままベースの中に入れるような、カットが少なめのデザインにおすすめです。

円柱型はケーキの土台などにも良いですね。

工作用、建築資材としても使われるスタイロフォームもおすすめ

手芸用、模型、断熱材などとして使われるスタイロフォーム。密度、強度が高く、しっかりお花を支えることができて、硬さもちょうど良いです。

クレイフラワー(クレイクラフト)の作品作りにおいても、このようなスタイロフォームやスチロール球をメインに使っていました。

ホームセンターで大きなもの(90センチ×180センチくらい)が売っています。
また、大型のホームセンター、手芸店やクラフトショップ(ハンズなど)では、ハーフサーズや1/4くらいにカットされたものを販売しているところもあります。

Concertoでは沢山使うので、ホームセンターで大きいものを買っています。持ち帰りの際は、購入後にお店の人にカッターを借りて、3当分にカットして車に積んで帰っています。

こちらも厚みサイズが豊富でコスパが良いのも嬉しいポイント。厚さは5ミリくらいから10センチくらいまで、細かく分かれていて、作品に合わせて選ぶことができます。このフォームはカッターで切って使います。

また、ワイヤーを刺すときには、20〜22番くらいのワイヤーならサクッと刺さりますが、それ以上細いワイヤーは目打ちなどで穴を開けてから差し込みます。

スタイロフォームは、力まかせにギコギコ切ろうとしても疲れるだけで、うまくいきません。切り方のコツを知っていると、驚くほど簡単&スピーディーにカットすることができますよ♪

好きなサイズでリースベースを作ることもできます。 ↓5分ほどで出来ますよ^^

この記事では、造花・アーティフィシャルフラワー、ドライフラワーなどのリー

作品例

  • 左側のラウンドアレンジは、スチロール球を土台に使っています。
  • ミニフレームはスタイロフォームを土台に使っています。
  • リースはワイヤーを組んで作るタイプなので、フォームを使用せずに作っています。

使い分け方としては、初心者さんやスクールでは、柔らかくて挿しやすいセック(怪我のリスクも低いので安心です)、ショップなどは、耐久性やコスパの利点を考えてスタイロフォーム・・自宅用に効率&コスパよくササッと作りたい時はオアシスなど、お好みで使い分けると良いでしょう。

私もケースバイケースで色々な土台を使っています。

説明でわかりにくい点などありましたら気軽にお尋ねくださいね 。

動画で学べる!インテリアフラワーの作り方 オンラインレッスン

通信講座のご案内はこちらから



LINEのご登録はこちら↓新着情報やお得情報をお届けします♪

友だち追加

ご登録済みの方は直接管理人へのメッセージやお問い合わせをしていただけます。

無料動画レッスン一覧はこちら

作り方の動画レッスン、デザインや制作のポイントなどを無料で公開しています↓
 
記事一覧はこちらから
Concerto DIYトップページ