Concerto DIY
-コンチェルト DIY-
インテリアフラワーの手作り応援サイト
無料動画

【動画】キャスケードスワッグ、ガーランドの作り方。造花アレンジ。

おこもり応援無料レッスン♪

キャスケード(流れ落ちる)スタイルのスワッグ(壁掛け)です。

少しスリムにして、スッキリ仕上げました。

色はどんなお部屋にも溶け込むホワイト&グリーン♪リボンなどもつけていないので、可愛いお部屋にも、ナチュラルなお部屋にも、飾りやすい自然なスタイルです。

今回も作り方の動画を残していますので、ご覧になってみてくださいね(*´꒳`*)

【動画】キャスケードスワッグ、ガーランドの作り方。

作り方やデザインのポイントは?

テーピングはしっかり、ピッチリ

ヨレないように、ピッチリとテープを巻いておくと、お花がグラグラせずに安定します。

テーピングに慣れていないと、お花があっち向いたりこっち向いたりすることがあるので、引っ張りながら「ピッチリ」を意識して、巻きましょう。

ガーランドは少しずつ幅と高さをアップ

まっすぐ同一の太さにデザインすることもあるスワッグやガーランドですが、今回はキャスケードスタイルなので、幅が少しずつ太くなるように調整をしています。

高さも少しずつアップして、お花を起こしていきます。

お花も小さいお花中心から、大きお花中心に。

なんとなくお花がS字を描くように、流れを作ってあげると綺麗です。

真ん中が空かないように

交互にお花を組んでいくと、左右に分かれてしまって中心(縦)のラインがガバッと空いてしまうことがあります。

ポイントポイントで、お花が中心のラインを通るようにして、真ん中が抜けてしまわないように気をつけましょう♪

フックを曲げにくい時は?

最後に曲げているフックですが、花材一つ一つのワイヤーが長かったり、花材が多くなってくると太くてフック状に曲げにくくなることがあります。

その場合は、まとめた後に面から見えない部分でカットしてOK。

リボンや紐をつけて掛けられるようにしておきましょう♪カットしたところが危なくないように、フローラルテープなどでカバーしておくと良いですね。

材料やお道具について、造花アレンジ作りに役立つお役立ちページはこちらから↓

ABOUT ME
はな
はな
アーティフィシャルフラワーを使ったインテリアフラワーの作り方・活用方法などをお伝えしています。 物作りに没頭している時間が幸せ♡ 基本的におうちでのんびり過ごすのが好きなひきこもり体質です。サイトを通じて、お花や手作りが好きな方と繋がれたら嬉しいです! ↓SNS はこちら↓フォローしてもらえると励みになります!

作ってみよう!
\無料動画レッスン一覧はこちらから/

メッセージがあれば
LINEから話しかけてください(*´꒳`*)

新着情報もお届けします!

友だち追加

こちらの記事もよく読まれています。