Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

可愛いフラワーアレンジメント

インテリアを華やかに彩るお花たち。

造花(アーティフィシャルフラワー )アレンジを作る際に使用する材料は、100円ショップで買えるものから、ハイクオリティーな高級造花まで、さまざまです。

値段によって、「安かろう悪かろう」、「高いものほど高品質」、といったイメージもあるかと思います。

品質って値段と比例するのでしょうか?

それは・・
造花以外の他のアイテム(例えばお洋服や日用品など)と同様で、「値段と品質」は必ずしも比例しているとは言えません。

安くても機能的で使いやすいもの・可愛いもの、高くても値段ほどの機能性や品質の違いは感じられないもの、ブランドやコンセプト、販売方法などによっても異なり、何をもって「良い」とするのか、どれを選ぶのかは人それぞれです。

では100円ショップの造花ってどうなのでしょうか??

アレンジメントの制作や販売をしているショップ&製作者の目線でお話ししますね。

100円ショップの造花や器は安かろう、悪かろうなのか?

私はお花のプロショップをはじめ、様々なお店のお花を日頃から見ていますが、

「100均の造花は良いものもそうでないものも混ざっている!」

と言う感想です。

さすがに低価格なので、殆どのお花、アイテムは「値段相応」です。「高品質な素材で、手間暇のかかる工法で、精巧に作られたお花」というものは見た事がありません。

ですが、100円ショップでも、専門店のクオリティと同等のものが時々混ざっている事があります。・・600円くらいするお花のそっくりさんを100円ショップで見つけた時は衝撃を受けました。

100円ショップは商品の回転も早くて、大量に仕入れや生産ができるお店。薄利でもしっかり利益が出せる業種だからこそ、百円のクオリティーとは思えないような「掘り出し物」も見つかるわけですね。

 

100円ショップの造花は使える?使えない?

→ 販売用以外ならOK。
というのが私の見解です^^;

たとえ「可愛い色や形のお花」「品質はまあまあ」、「お値段以上の掘り出し物」を見つけたとしても、さすがに売り物には使えないでしょう。

どこででも買えて、誰でも買えて、100円と言う値段が分かってしまうものですから・・

ショップやサロンのディスプレイにも、いかにも100均・・というようなありふれたお花や安っぽいお花は避けた方が良いかもしれませんね。

せっかく雰囲気の良い素敵なサロンなのに、飾ってあるお花が100円ショップで見かけた残念なお花・・なんていうと、ちょっともったいないな・・って思っちゃいます。

エレガントなフラワーテーブルコーディネート

 

練習用、クラフトを楽しみたい人にはOK!

クオリティーはしっかり見極める必要がありますが、販売用以外の用途であれば、お好み次第で使っても良いと思います。

無駄に高いお金をかけるよりも、それなりに綺麗で楽しめるものを工夫して賢く利用すればいいじゃん!という考えも、ありですよね。

ナチュラルエレガントなクラッチブーケ

私も昔、生花の試験で「スパイラルブーケ」の練習の際に100円ショップの造花を使っていました。

長い茎のついたお花を束ねていって、ラウンド型の花束を作るという課題です。束ねた後に茎を切りそろえて、自立するブーケを作ります。バランスの良い綺麗な形はもちろん、振ってみてお花が抜けないことも大切です。

ピンクのクラッチブーケ ウェディングブーケ

生花で繰り返し練習しているとすぐにお花が傷んでしまう・・という事で、習っていた先生からのご提案により100円ショップの造花をたくさん買ってスパイラルブーケの特訓をしていたのでした。(生花の資格試験は、一度不合格になり、再試験で受かった私です^^;)

このページで使っている画像は100円ショップのお花は一切使っていません。・・そもそも普段使わないので、そういった画像を持っていないのです^^;すみません。

練習用として、ひとまずどれくらいのお花が必要なのか知りたい、どんなイメージに仕上がるか試作してアレンジの練習をしたい、という場合などにも重宝します。造花の種類もサイズも豊富で、すぐに買いに走れますし。

惜しみなく買える100円のお花でたくさん練習をして上手になってから、クオリティーの高いお花で本番作品を作るというような事もできますね。

ちなみに100均DIYを楽しんでいる人や子供達なんかは「クリエイティブでいいなぁ」「たくさんの人に手軽に楽しめる喜びを提供している100円ショップやクリエイターはすごいなぁ」と素直に思います。

「100円のお花を使ったようにはとても見えない!」といった作品を生み出すことも、創造の楽しみですよね。

価値観は人それぞれ、作って、飾って、その人が楽しめるのが一番です。

100円ショップ以外にも造花が買えるお店はたくさんあります!アーティフィシャルフラワーの購入先リンク集はこちら↓

素敵なインテリアを目指して、お部屋に花を飾りたい! 自分スタイルのお花

私の100円ショップ活用法

私の場合は、一見して「100円ショップのものだ!」と分かってしまうような、お花、器、リボンなど、表に見える部分に100円アイテムは使いません!

ですが、ツール類では大変お世話になっています。

アレンジメント作り、フラワークラフトにオススメの100円グッズをご紹介しますね。(画像は楽天市場からお借りしています)

種類豊富な両面テープ

「紙タイプ」「セロハンタイプ」「手で切れる」「強力タイプ」「剥がせるタイプ」などなど・・サイズも機能も豊富で、とても助かっています!両面テープは、リボンを作ったり、器に布を巻いたり、パーツを作るときなどにもよく使っています。

布切りバサミ

 

主にリボンのカットや型紙、花びらのカットなどに使っています。自宅とアトリエに数本ずつ買い置きしています。子供が使うとベタベタになるので消耗品。教室を運営していた時も人数分&予備を準備していたので、100円で揃えられるのは有り難かったです。

100円ショップの布切りバサミは色々試しましたが、サイズ感、切れ味などで、「セリア」の布切りばさみがお気に入りで、何代も買い換えながら使っています。動画レッスンでもよく登場しますよ(^_-)

千枚通し

お花を挿す際に必須の千枚通し。目打ちでもOK。こちらは消耗品じゃないので、1度購入すれば長く使えます♪機能的には100円のもので十分。

スチロール球、レンガなどのフォーム類

普段は資材屋さんでまとめ買いしているのですが、うっかり切らしてしまった時に買いに走れて便利。ボールは5cm、8cm、10cmなど。レンガも目が詰まっていて丈夫で、フォーム(花を挿す土台)として使いやすいサイズです。キューブ型やボード状の薄いものなど、形も豊富です。

この他にも、仕分け収納用のジッパーバッグや容器類、グルー芯、セロハンテープ、メモノート、パレット用の紙皿やスポンジ、ハケ、筆、アクリル絵具、接着剤などなど・・

ホームセンターや手芸屋さん、文具屋さん・・とあちこちはしごしないと買えないようなものが、1箇所に豊富に揃っていて、仕事や用事の帰りなどのついでに買える場所にいくつもある、というのが100円ショップの嬉しいポイント。

Concertoのお花作りになくてはならない有り難い存在です。

100円のフローラルテープを発見した時はびっくり↓

フラワーアレンジメントに活用できるフローラルテープ。 このテープは、お

造花アレンジメントの制作においては、ペンチやカッター、クラフトバサミ、ニッパーなど、100円のものでは機能不足なものもあります。

なかなか茎が切れなかったり、不便だったり・・初めから良い物を買った方が作業効率が上がって、買い換える必要もなくて長い目で見てお得!というものもあります。

造花アレンジのお道具紹介はこちら↓

このページでは、造花、アーティフィシャルフラワー 、シルクフラワーの
このサイトでは、造花・アーティフィシャルフラワーを使ったインテリアフ

そう、節約するなら見た目や機能に影響が出ない部分で上手に抑えればいいんです!

100均全否定!というではなくて、上手に利用しようよ♪というお話です。

安く抑えられた分は、お花や他のツールなど、機能や品質にこだわりたい部分にしっかり掛ける!そういったメリハリは大切だと思います!

クオリティにこだわったお花の美しさは格別です!

100円ショップのお花を日々眺めて過ごすのか、クオリティにこだわった上質なお花を眺めて過ごすのか、では毎日の気分も変わりそうです♪

100円ショップの造花について&ショップオーナーの活用法はいかがでしたか?

ハンドメイドや手作りのヒントになれば幸いです。

お花は最強のデコレーションアイテム! エレガントなインテリア、スタイリ

 

動画で学べる!インテリアフラワーの作り方 オンラインレッスン

通信講座のご案内はこちらから



LINEのご登録はこちら↓新着情報やお得情報をお届けします♪

友だち追加

ご登録済みの方は直接管理人へのメッセージやお問い合わせをしていただけます。

無料動画レッスン一覧はこちら

作り方の動画レッスン、デザインや制作のポイントなどを無料で公開しています↓
 
記事一覧はこちらから
Concerto DIYトップページ